北海道/札幌で定期開催しているサークル型メンタル自助グループです!

札幌、旭川で定期開催をしている「札幌メンタル自助交流会」です。ストレス、生きづらさ、悩み、うつ病、発達障害(グレーゾーン含む)、依存症、ひきこもり、PTSD、AC、摂食障害、不安障害などサークル形式で参加が出来る自助グループ(コミュニティ)です。

HOME ≫ 当会の挑戦 ≫

生活や人生について本音で話す場があって良い

北海道札幌で死にたいと考えている方バナー

今の時代は決して特別なことではありません

当会はメンタルに何かしらの悩み、不安、生きづらさ等を抱えている方が集まっています。

参加者様の中には「死にたい」とか「消えたい」と思われたことがある方も珍しくありません。

そもそも今の時代にそんな風に思うことは決して特別なことではなく、
そんなネガティブリスクに溢れているのも現代社会なのではと当会は考えています。

それでも私たちは生きていかなければなりません。

では、どうやって生きていくのか?

もしかしたら人生のやり直しはできなくても、見直しと出直しは無限に出来ます。

それも当会と一緒に考えていきませんか?

「死にたい」とか考えている方へ

08ccb7d491727f60ccdf948686fb6636_t
某専門ツールを使って調べたところ、グーグルの検索ワードで「死にたい」という月間検索数が毎月数十万回も検索されています。

日本中で「死にたい」というキーワードで毎月数十万回も検索されているということです。

更に「札幌 死にたい」という検索ワードで調べたところ毎月数十回から数百回ほど検索されていることがわかりました。

検索されている方は様々な境遇を得て、そのような「死にたい」という気持ちになったのかと思われます。

そして殆どの方はどうしたらいいのかわからない状況に陥っているのではと思います。

そんな状況の方も敷居の低い当メンタル交流会に参加をしてほしいです。

それも1回や2回の参加ではなく最低10回くらいは参加をして欲しいです。

10回も参加をしてみて何も心境が変わらないようでしたら代表に個別的に相談をしてきて欲しいです。

ネット上でよく「死にたい」とか「自殺したい」とか見かけることがありますが、

リセット(見直し、出直し)とは死ぬことではなく、問題点(エラー)を見直して出直して軌道修正をしていくことでより良く(アップデート)していくことです。

私を含め、あなたは軌道修正をするために今まで何をしましたか?
そしてこれから何をしますか?

一生懸命生きていくというのは、そういうことだと私は思っています。

 
札幌メンタル自助交流会 代表

大丈夫!代表の経験談を軽く紹介

170705385511001
私(代表)もどうすればいいかわからなく困り果てていた時にですが、

深夜のコンビニ店員さん(それも行きつけが3店舗)に人生相談をしていました。

例えば、月曜日はセブンイレブン、水曜日はローソン、金曜日はファミマ…という感じです。

上記のローテーション以外にも単発スポットとして少し遠い生活圏外のコンビニに行ったこともありました。

その経験を通して「自分はこんなに生命力が強く、こんなに知らない他者に相談をすることが出来て、こんなに一生懸命生きることが出来るんだ」と初めて気付きました。

そして「一人で抱え込まないことの大切さ」「人と実際に話をすることの大切さ」「他者と共有をしつつも価値観(意見)を交換することでの新たな視点での見直しと出直し」に気づいた瞬間でもありました。

この経験談は少し極端な例かもしれませんが、今何かを悩まれている方も、それくらい一生懸命生きる勇気と覚悟を持てるくらいになって欲しいなと願っていますし、私の身を持った経験談を通して激励(勇気のおすそわけ)になればなと思い、今回は恥を忍んで上記のエピソードを公開することにしました。

話をするのは知人でも友人でも繋がりのある人なら誰でも良いと思います。

そういう人が居なければ、これから作れば良いとも思います。
そういう場所を見つければいいと思います。

メンタル界隈のみならず一般層の方にとっても人や社会と繋がっていくことがセーフティネットになり、それが増えるほど人は自立するのだと思います。

人は一人では生きていけないというのは、そういうことだとも思います。

 
札幌メンタル自助交流会 代表

札幌メンタル自助交流会の挑戦

hiyokosenshi_コピー
当会は活動を始めてからメンタル交流会を毎月に渡って定期開催することを最も重要視してきました。

コミュニティが豊富な東京や大阪の大都市と違い、この地域のメンタル界隈から一般層(メンタル界外)に向けて最も必要なのは、そういった気軽に参加がしやすい安定した「場所」と「機会」だと思っていたからです。

そして最終的に開催頻度を毎週したいとも考えています。

ファシリテーター(司会)も常時複数人居たら良いなとも思っています。

参加を考えている方が何時どれでも自分のタイミングで参加ができるという選択肢と参加機会が実際に増えるからです。

例えば代表がコンビニに通っていた当時に当会のようなものがあれば毎週のように参加をしていたとも思うからです^^;

メンタルに悩みや不安を持つ方同士による自分の生活や人生、自分自身を本音で話せる場がもっとあっても良いのでは!?という思いの実現に当会は挑戦しています。

今の時代「死にたい」とか「消えたい」とか思うことは特別ではないことは毎月数十万回検索されているというデータで立証されてしまっているからです。

モバイルサイト

札幌のサークル型メンタル自助グループです!うつ病などスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら